ボトックス注射でふくらはぎを細くする

女性にとって、スラリとした足は永遠の憧れです。
細くなりたい、とダイエットやマッサージをしてもなかなか細くならいのがふくらはぎです。



ふくらはぎは他の部分と比べて、脂肪より筋肉が多い為、どんなにダイエットしてもふくらはぎだけは太いまま、ということが起こり得るのです。

そんなどうしても細くならないふくらはぎに向いているのがボトックス注射です。
ふくらはぎに注入したボツリヌス菌毒素が筋肉の動きを弱め、自然と筋肉が痩せていくことで細くなる、という仕組みです。
ボトックス注射は筋肉質で太くなったふくらはぎを細くしたい人に向いていると言えます。
効果は注射後すぐに出るわけではありません。

ふくらはぎが細くなるまでには早い人で2〜3週間は必要です。
また、1回の注射ではあまり効果がなく、2〜3回目で効果の出てくる人もいます。



ボトックス注射の効果は約4カ月続きますので、効果を持続させたければ、メンテナンスが必要です。いつまた注射を打つかについては、ドクターと相談して決めるようにしましょう。
ふくらはぎへのボトックス注射の副作用は内出血や痛みです。


副作用といっても、注射である以上完全に避けることはできない一方、必ず治るものなので、あまり心配する必要はないでしょう。ふくらはぎへのボトックス注射は、手軽にふくらはぎを細くする事ができ、リスクも少ない治療法です。
ふくらはぎの太さに悩んでいる人は一度試してみてはいかがでしょうか。