気になるたるみを解決 たるみ治療

年齢を重ねるとどうしても気になってくるたるみですが、年だから仕方がないと諦める必要はありません。今は気軽に受けられるたるみ治療があり、方法も様々です。一昔前のたるみ治療と言えば手術でメスを入れて行うもので、治療後に傷が残るのではないか、数年たつと顔のバランスがおかしくなるのではないか、と不安なイメージもありましたが、今はメスを入れない治療法もたくさんあります。

メスを入れずに気軽にできるたるみ治療の代表が高周波の熱エネルギーや身体に害のない赤外線を照射するものです。

こういった照射をすると、たるみの原因となる肌の内部の真皮の部分を刺激しl代謝を良くしてくれるため、コラーゲンの再生を促してくれる効果があります。

コラーゲンは肌のハリを保つ重要な役割を担っているので、たるみの改善につながります。

これらは、薬剤を使わずに肌の力を高めることでたるみを改善するので、安心安全で、初めてのたるみ治療が初めての方に人気があります。



糸を挿入する方法もあります。突起の付いた後々皮膚の中で溶ける糸をたるみを作っている法令線などの部位に挿入し、持ちあげる効果があります。



糸が完全に溶けるまで効果が持続するので、照射の方法に比べて長くたるみのない肌を保つことが出来ます。
また、ボトックスやヒアルロン酸を注入する治療もあります。

ボトックスは筋肉が収縮する動きを抑制して皺やたるみが出来にくくし、ヒアルロン酸はしわを埋めることにより、たるみを解消する治療です。



最後に外科治療がありますが、昔と違い技術が進んでおり、いかにも手術したと分からないような治療が可能となっています。